浪人生が予備校として四谷学院を選択する

現在ではわが国の高校進学率9割以上、大学進学率も5割以上

近代化が急速に進んだ明治時代以降のわが国では、特に国民にひとしく教育を受けさせることこそが国を豊かにする原動力になると考え、教育の普及を国を挙げて徹底してきたことは周知のとおりです。
そのような甲斐もあって、現在ではわが国の高校進学率9割以上、大学進学率も5割以上という、世界の国々のなかで比較しても例を見ないほどの高い割合をはじき出しています。
戦前であれば大学進学はかなりの珍しさをもって受け入れられていたものが、これほどまでに大学進学率が高率になると、ほとんどの高校生の若者にとって避けて通れない重要な関心事となります。
高校受験もたしかに人生のなかの大きなハードルではありますが、小中学校の義務教育を土台としているのに対して、大学受験ではさらに一歩進んだ幅広い知識を要求されます。
しかも部活動などのさまざまな実践活動に取り組んでいる多くの受験生にとってみれば、大学受験は高校3年生になってからごく短い期間内に完成させなければならない制約もあるため、きわめて状況が厳しくなっていることはいうまでもありません。
もちろん現役での合格ができればこれにまさる喜びはありませんが、多くの場合は特定の大学の入学試験は1回きりであるため、本人が潜在的にもっている学問に対する知識や理解に加えて、当日の心身のコンディションなどの微妙な要素が実は合否に大きく影響してしまうことがあります。
実力はあるにもかかわらず、当日にそれをうまく発揮できずにあえなく合格点に届かなかった事例は、意外と少なくはないはずです。
このような場合には、大学浪人で再チャレンジを図るのが一般的ですが、よほどの難関大学を除いては何年も浪人生活をつづけるわけにもいかず、やはり短期間に集中して現在抱えている問題を解決して、次回には確実に目当てとする大学に合格できるようにしなければなりません。
特に現役であればまがりなりにも高校における授業を並行して受けており、さまざまな知識にふれる機会が日常的にあったのに対して、浪人生活のなかでは授業に代わるものがなく、勉強の習慣がついおろそかになってしまうことがあります。

予備校って沢山あるんやな。

アガルートが1番人気なのか。

— ムーミンパパ (@lmPKtM0YXCRZa4a) 2019年9月11日

現在ではわが国の高校進学率9割以上、大学進学率も5割以上 | 身近な場所から通学ができるように校舎を全国展開している | 四谷学院の場合は科目別・能力別にわかれる